アマビエ、河童、、妖怪巡りです(笑)

油すましどん→すみません、食べ物の名前だと思ってました。「油すましの墓」は栖本町の河内地区にあります。地区の方たちによって大事に祀られています。



アマビエさまの次は、、河童街道へ。

県道34号にカッパ像が27体。一家団欒しているカッパもいました。よく見ると橋の欄干にもカッパが座っています。

沢山のカッパ達をみつけてみてください!






アマビエの石神さまにお参りしてきました。

可愛らしいお姿ですが、疫病を払うとされる伝説の妖怪です。

コロナが早く終息しますように。。



街道中央のリップルランドを訪れました。

目の前の海岸にある巨大タコモニュメントがユニークです。

こちらはタコによるまちづくりとして、「天草ありあけタコ街道」と命名され、夏には街道沿いの海岸に多くみられる干しダコも夏の風物詩の一つです。景色がとても綺麗〜。

今回はお昼を食べた後だったので、次回は地ダコを使ったタコ丼などの料理を食べようと思います。

天草には食べたい物が沢山あって、大変です!!





初めての天草訪問中は、感動の連続でした。
滞在中、雨によりずっと曇天ではありましたが、天草の大自然の魅力を肌で感じてまいりました。
本当に素敵なところですね!

皆さま、前回にお知らせした「旅するキャンパス」オンライン講座ですが、第1弾は「天草のサウンド・ショートドラマ」執筆講座となっております!
恥ずかしながら私も参加し、作品を応募してみました!小説というと、、何だかとてもハードルが高く思えますし、私も小説を書いたことは一度もありませんでしたが、天草で感じた鳥の声を表現してみようと思い、執筆してみました。幾つになっても挑戦には新しい発見がありますね。

作品のエントリーは第二次(9月23日締切)第三次(11月24日締切)まで募集中です。
ぜひこの機会に気軽に楽しんで参加してみてください!
応募方法 天草市ホームぺージで申込み。
↓↓
URL(天草市ホームページ:サウンド・ショートドラマ)




前へ  1 2 3 4  次へ ]      19件中 6-10件